2019年02月08日

石狩屋旅館の食彩のしおり / 鶴岡街宿企画から転載でご紹介

鶴岡街宿《鶴岡旅館組合》ブログ企画に合わせご用意した当館提供のお料理を、転載でご紹介します。
本企画では鶴岡の魅力あふれる食の世界を素朴な一汁三菜をベースとした食膳スタイルにする事で、鶴岡伝統の一品から現代風のアレンジを加えて作るオリジナルの一品まで、鶴岡ならでは季節感や地域色を生かした食の世界をご紹介する事をテーマにしています。
企画についての詳細は鶴岡街宿《鶴岡旅館組合》公式ホームぺージをご覧下さい。


石狩屋旅館の食彩のしおり / 鶴岡の旅 食彩のしおり 一月

石狩屋旅館の食彩のしおり / 鶴岡の旅 食彩のしおり 一月

◆ 一月の献立

生鱈子の醤油漬
春先取りの天ぷら盛り合わせ
豚白モツの味噌鍋
ぎば藻のお吸いもの
・ ご飯(地元農家から直接仕入れた庄内米を使用)
・ 香のもの(青菜と大根のおみ漬け)


石狩屋旅館の食彩のしおり / 鶴岡の旅 食彩のしおり 一月

Q これはどんなお料理ですか?
A 今の時期に旬を迎える寒鱈の大きな鱈子を醤油漬けにしたものです。
Q 普段見る辛子明太子の様な小さな鱈子ではないのですね?
A はい、大きな真鱈の卵巣ですからほぐして使います。臭みのない新鮮な鱈子を醤油ベースの漬けダレに漬けて味付けします。旨味を出すために昆布を千切りにしたものと、そしてこれは庄内の伝統料理でもあるのですが、生イカ、ここではヤリイカを細めの短冊に切ったものも合わせて仕上げています。お酒のつまみとしても美味しいですが、ほかほかのご飯にたっぷりのせて食べるのも鶴岡の冬ならではの楽しみ方かと思います。


石狩屋旅館の食彩のしおり / 鶴岡の旅 食彩のしおり 一月

Q これはどんなお料理ですか?
A 春の先取りとして葉ものの山菜をふんだんに使い、海老と共に天ぷらの盛り合わせにしました。
Q 今、外は吹雪なんですが、こんな季節にも山菜が手に入るのですね?
A 吹雪、そうですね、笑。近年は新春の料理に向けていろいろな山菜が出回る様になっています。雪国の冬は一面真っ白な雪で覆われますから、ここに住む私たちとしては何かと緑が恋しい季節なんですよね。そんな時だからこそ春を感じる山菜の緑は格別美味しく感じるんだと思います。今日はウルイやこごみ、独活やタラの芽、孟宗筍などを使っています。


石狩屋旅館の食彩のしおり / 鶴岡の旅 食彩のしおり 一月

Q これはどんなお料理ですか?
A 庄内産の豚白モツを主役に味噌味の鍋仕立てにしました。
Q 熱々なのでとても美味しそうな香りがするんですけども?
A はい、味噌仕立ての出し汁におろしニンニクをほんの少し入れていますから、とても食欲を誘う香りですよね。当館ではそこに生の段階から三度お湯を通して完全に臭みを抜いたぷりぷりの白モツを使っていますから、モツ本来の味をしっかりと味わって頂けると思います。今回は一味唐辛子を少し多めに振りかけていますが、お客様にお出しする際は当日の献立全体のバランスを考えて、仕上がりに酸味のない国産のキムチやニラを載せて辛味噌味の白モツ鍋にする事もあります。冬は温まりますよ。

_ありがとうございました。
posted by 石狩屋旅館NEWS at 09:22| お勧め情報

2018年12月03日

第29回赤川花火大会は平成31年 8月17日(土)開催の予定です。

石狩屋旅館HPをご利用下さいまして、誠にありがとうございます。
第29回大会に合わせた当館でのお泊りについて、宿泊予約受付は以下の予定となっております。

【追記】
1/21(月)現在、8/17(土)は満室につきご予約受付は終了しました。
キャンセル待ちをご希望のお客様につきましては5/13(月)から受付開始の予定です。


● 優先予約 ●
・ ビジネス滞在、前後日を含めた連泊(二泊以上)をご希望の方
・ 第28回大会を含む過去2大会で当館HPよりお問い合わせ頂き、お泊りになられた方
   ⇒ 予約問い合わせ: 平成31年1月14日(月)21:00 〜 24:00

● 一般予約 ●
・ すべての方
   ⇒ 予約問い合わせ: 平成31年1月21日(月)21:00 〜 (満室になり次第終了)



予約対応についての考え方

毎年多くの皆様からお問い合わせ頂き、また毎年多くの皆様にお泊り頂き、誠にありがとうございます。
当館ではお問い合わせ頂いた皆様すべてのお客様に対し、どなた様にも公平にお泊り頂く機会をご用意したいと常に努めてまいりました。
多くの皆様にお問い合わせ頂く事を大変嬉しく思う反面、ここ数年はあまりのお問い合わせの多さに毎年の様にお問い合わせ・お泊り頂いているお客様に対し何ら感謝の気持ちもお返しする事が出来ない状況になっております。
お問い合わせ頂くすべての皆様にこれからも誠実にそして公平な対応でご返答をさせて頂く事に変わりはございませんが、やはりお泊り頂いたお客様を大事にしたいと思う観点からも過去にお泊り頂いたお客様は若干の優先性を以ってお泊り頂けるようにしたいと考えております。
何分にも部屋数の少ない小さな宿ですので、特に花火大会当日の一泊でお泊りを希望される皆様には、お断りする機会も多いかと思われますが、何卒ご理解頂きます様、心よりお願い申し上げます。




※受付日時指定予約における手続きの流れについてはこちらをご覧下さい。
 受付日時指定予約における手続きの流れ【赤川花火大会】
posted by 石狩屋旅館NEWS at 22:39| お知らせ

2018年09月18日

石狩屋旅館の食彩のしおり / 鶴岡街宿企画から転載でご紹介

鶴岡街宿《鶴岡旅館組合》ブログ企画に合わせご用意した当館提供のお料理を、転載でご紹介します。
本企画では鶴岡の魅力あふれる食の世界を素朴な一汁三菜をベースとした食膳スタイルにする事で、鶴岡伝統の一品から現代風のアレンジを加えて作るオリジナルの一品まで、鶴岡ならでは季節感や地域色を生かした食の世界をご紹介する事をテーマにしています。
企画についての詳細は鶴岡街宿《鶴岡旅館組合》公式ホームぺージをご覧下さい。


石狩屋旅館の食彩のしおり / 鶴岡の旅 食彩のしおり 九月

石狩屋旅館の食彩のしおり / 鶴岡の旅 食彩のしおり 九月

◆ 九月の献立

畑三味の巴巻 胡麻だれ掛け
庄内芋煮
秋鮭の味噌粕漬け焼き
焼き鱈のお吸いもの みぞれ仕立て
・ ご飯(地元農家から直接仕入れた庄内米を使用)
・ 香のもの(藤沢かぶの甘酢漬け)


石狩屋旅館の食彩のしおり / 鶴岡の旅 食彩のしおり 九月

Q これはどんなお料理ですか?
A これからの季節に美味しい野菜を巴に巻き、甘めの濃厚な胡麻だれで頂きます。
Q 三つ巴、三種類のお野菜を巻いているのですね?
A 今日はこれから寒くなるにつれ何かと美味しく頂ける白菜、春菊、それとからどりを使っています。からどりとは里芋の茎の部分で、全国的にはズイキ、あるいはダツとも言いますが、山形は里芋を使った芋煮でも有名ですよね。茎も余さず使うところは鶴岡の食文化の一つでもあると思います。


石狩屋旅館の食彩のしおり / 鶴岡の旅 食彩のしおり 九月

Q これはどんなお料理ですか?
A 内陸部では牛肉醤油味で知られていますが、これは庄内地方を中心にした豚肉味噌味の庄内風の芋煮になります。
Q 庄内風の芋煮の美味しさのポイントはどんなところになるのでしょう?
A 庄内地方は古くからの豚肉の名産地ですから、その美味しい豚肉を使っての味噌味とくれば、少しずつ涼しさが増してゆく雪国の秋にはピッタリではないでしょうか。庄内でも地域によっては酒粕を使うところもある様ですが、当館では熱い料理では好き嫌いの分かれがちな酒粕ではなく"あるもの"を隠し味に使っています。現代の若い皆さんにも馴染みやすいコクと深い味わいの庄内芋煮になっていると思いますよ。


石狩屋旅館の食彩のしおり / 鶴岡の旅 食彩のしおり 九月

Q これはどんなお料理ですか?
A 秋鮭をわずかに粕を使った特製の合わせ味噌に漬けたものを焼いています。
Q 粕を使った味噌味の焼き魚という事ですね?
A そうですね。庄内ではこの味噌粕に漬ける習慣が伝統の料理や文化になっていますから、漬け用の美味しい合わせ味噌を自分なりの調合で決めておくと、鮭など魚だけではなく豚肉や牛肉なんかにも使えて手軽に庄内の味を再現する事が出来ます。ぜひご家庭でも試してみて下さい。ここでは焼き栗に銀杏と白花豆、焼魚の口直しにサッパリめの甘酢に漬けたパプリカと茗荷を添えてみました。

_ありがとうございました。
posted by 石狩屋旅館NEWS at 17:52| お勧め情報


Loading...